セルフジェルネイルの方法

DSC02134

ジェルネイルは、専用のジェルを爪に乗せて、専用のUVライトで固めるものです。自爪との密着力が高いので浮きにくく、マニキュアより長持ちする点が長所として挙げられます。

透明感とツヤのある爪を作れ、さわり心地もツヤツヤしており、とても良いものになっています。爪の補強にもなりますし、短い方でも長さを出すこともできます。

最近ではデザインも豊富で、シンプルなものから派手な物まで様々です。

しかし、ジェルネイルはサロンへ行くと少し高めな値段となっており、そう頻繁に変えることが出来ない方も多いのではないかと思います。そんな中、最近では自分でできるジェルネイルキットが人気となっており、セルフジェルネイルをすることも出来るのです。

セルフジェルネイルの方法

セルフジェルネイルを行う方法としては、最初にネイルの形に爪を整えしっかり甘皮を除去しておく必要があります。

前処理をしっかりしておくことで、持ちが変わってくるのでしっかり丁寧に行ってください。そして、ジェルとの密着度を高めるために爪に少し傷をつけます。

爪を痛めてしまわないように気を付けて行うことが大切です。

そして、汚れをしっかりと取り除きます。

せっかくの綺麗なデザインにほこりなどが混じってしまわないように気を付けてください。

そこからはベースジェルを塗り、行いたいデザインになるように、施術を始めて下さると良いと思います。

重視する点は下準備であるとも言えるほど、下準備は出来栄えに関係してきます。

油分や水分もきっちりと取り除いておくと良いと思われます。

セルフジェルネイルはサロンに行く必要なく自分の行いたい時に自分のペースで行うことができ、サロンへ予約を取る必要もありません。

セルフジェルネイルは慣れるまでは難しいこともあるかもしれませんが慣れてしまえば、とても利用しやすくなると考えられます。

また、ジェルネイルを落とす場合は削り取ることになってしまいます。

爪と密着している分、取り除く際には時間と手間がかかってしまいます。専用の除光液も販売されていますので、使用方法に従って爪を痛めてしまわないように取り除いてください。