ジェルネイルまずはオフからトライ

DSC02207

セルフジェル、まずはオフから挑戦

数年前に海外から日本に上陸して依頼、瞬く間に女性たちの心を鷲づかみしてしまったジェルネイル、ツヤツヤとした水あめのような輝きが、数週間は長持ちするということで、今まで主流であったポリッシュを一気に突き放し、今ではネイルサロンでも一番人気のメニューとなっているようです。最近ではセルフジェルネイルキットも、様々なメーカーから販売されており、自宅でも手軽に楽しめるようになり、ますますジェル人気に火がついているようです。
しかし、手先が不器用な女性などは、自分で綺麗に仕上げる自信がないと、依然として高い料金を払ってサロンへ通っている方も多いようです。そこでまず初期段階として、ジェルネイルのオフにトライして見ることをお勧めします。ジェルネイルは、マニキュアとは違って除光液では取れないので、取る場合においてもサロンで時間とお金をかけて外してもらわなければなりませんが、専用の溶剤さえあれば、自宅でも自分で出来ちゃう作業なので、ぜひチャレンジして見ましょう。サロンでは最低でも千円ほどはかかってしまいますが、自宅で自分で外せば百円もかかりません。専用の溶剤であるアセトンさえあれば、後は家にあるもので代用できるので、オフは自分で行ってみましょう。

ジェルネイル、オフは焦らずゆっくりと時間をかけることがコツ

さて、このオフ作業で綺麗にジェルネイルを外すコツ、そして自爪を傷めないコツは、焦らないということに限ります。自宅で自分で行う場合には、テレビを見ながらでいいので、準備さえ整えばじっくりとジェルをふやかしていきましょう。

十分にジェルにアセトンが沁み込んでいない状態で、無理やり外そうとすると、自爪も一緒に剥がれてしまうことがあり、爪はどんどん薄くなり傷めてしまいます。十分から十五分くらいじっくりと沁み込ませて、ジェルの表面がふやけてきたころを見計らって取り外しましょう。そしてジェルを取った後の保湿ケアも忘れずに行いましょう。